スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

大高家のお正月料理

前から自覚していたんだけど…大高家のお正月料理は身近な人達と比べて、ちょっと変わっている。
12月も後半に差し掛かると、両親は暮からお正月にかけての食材の物色と調達を始める。
大高家は皆お刺身が好きなので、欠かせない。暮れに限らず探して歩いているかもw
特に両親が伊豆の地を離れてからというもの、お魚には苦労してるの。

次いで、お肉。大高家の暮から正月は鴨肉づくし。
鴨のロースト、牛肉のローストは父の担当。ここ数年は鴨のローストに使うスパイスにシナモンも加わって、格段に味が良くなりました。
鴨はローストだけじゃなくてお鍋にも使うし、年越し蕎麦の出汁も鴨。お雑煮ももちろん鴨。

その辺りは定番なんだけど、アタシと兄貴のリクエストも聞いてくれます。
兄貴の定番リクエストは「氷頭(ひず)」。
「氷頭」って、皆さんご存知ですか?アタシの身の回りの人に一通り聞いてみたけど…誰も知らないんだよね…。
昔から結構当たり前に食卓に並んでいたので、珍味だろうとは思っていたけどここまで誰も知らないって…なんで??
という訳で、調べてみました。

氷頭なます(ひずなます)は、北海道地方、青森県および岩手県の沿岸部、新潟県に伝わる郷土料理である。

氷頭とは鮭の鼻先の軟骨の部分のことを指す。氷のように透きとおっているためこのように呼ばれる。主に普通のなますと同じく、正月の祝い膳に用いられる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

…調べてみて納得。「氷頭」が一体なんであるのかは知っていて、多分どこかの郷土料理なんだろうなとは想像していたんだけどね。
実はウチだけじゃなくて、大高家親族一同ほぼ全員、この「氷頭」を知っていて、それはお祖父さんが好きだったからなんだそうだ。
そしてお祖父さんの実家は秋田なんですねー。
上記の解説では秋田は入っていないんですが、他にも調べてみた所では東北地方では結構広く食されている様です。
お味はとはいうと…とにかく食感がいいです。
コレで温燗があったら最高ですよーw

JUGEMテーマ: 日記・一般

comments(2) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

Comment

雅 | 2009/01/09 23:38

お正月料理ですかあ。実家の味が有るっていいですね。私は実家が和歌山になりますが、関東が握り寿司に対して関西は押し寿司の文化です。うちの郷里では秋刀魚を生で酢でしめて開いた物を一本丸ごと使って、押し寿司にしたものを作ります。私はあまり得意ではないんですけどね。シメサバが好きな方は美味しく食べれると思いますよ。

| 2009/10/27 12:38

こんにちわ!

ちょっと暇潰しに大高について調べてました!

高はハシゴです!

大高って珍しい名前ですか?

Trackbackhttp://hiromi-weblog.jugem.jp/trackback/54